BCP~建設業のための事業継続計画/株式会社エルシーアール(栃木県宇都宮市)

本社:〒320-0851 宇都宮市鶴田町351-7 ラポール館2F TEL.028(647)3301 FAX.028(647)3302

BCP認定コンサルティング~ISO/マネジメントシステム

BCP~建設業のためのBCP認定コンサルティング

建設業のためのBCP認定コンサルティング

BCP(事業継続計画)とは?

災害、事故等の突発的な事象に襲われても、建設事業者としての重要業務の継続を追及する計画を、事業継続計画(Business Continuity Plan)といいます。
各地方整備局や地域団体と締結している災害協定を確かに履行し、道路、港湾、インフラ復旧に協力体制できるよう、自社の人的、物的資源の保護や確保を計画します。

建設業者のBCP促進の目的

・災害時において、社会的インフラの早期復旧に取り組む際は、建設会社の協力が必要不可欠です。
・この認定制度は、建設会社における事業継続計画の策定を促進し、関東地方整備局の災害対応業務の円滑な実施と地域防災力の向上を目的として行うものです。

BCP推進の目的

BCP策定コンサルティングの特徴

1. 豊富な取得支援の実績
 現在まで、140社以上の取得支援の実績があります(平成28年10月現在)。
 一社ごとの状況に応じた柔軟な対応と、認証までの丁寧でしっかりとしたフォローがポイントです。
2. 短期間でのBCP策定支援
 BCP策定の際、多くの認証審査をパスしてきたモデル文書を使用致します。
 その結果、1~2ヶ月間で、国交省への申請が可能となっています。
3. 客観的なBCPの評価
 経験豊富なコンサルタントが、貴社の身の丈に合ったBCPを策定致します。
 ⇒ 建設会社における災害時の事業継続力認定(国土交通省) 

BCP策定コンサルティングの特徴

◇国土交通省や自治体からの入札案件時に、総合評価方式による加点がされ、競争力が増します。
◇入札参加資格者審査において、技術評価事項の加点対象となります。
  ※現在のP点に、加点されることになり、格付けの向上も期待できます
◇災害以外のリスクが発見できます。
◇自治体や顧客からの信頼が得られます。
◇他社との連携も視野に入れることで事業継続(安定供給)と持続的発展ができます。
◇組織的に人材育成が可能です。
◇「見える化」で情報共有と効率化が進みます。

BCP認定までの流れと重要ポイント

BCP構築・運用 BCP構築・運用
・ 災害対応を行える内部体制となっているか
・ 行政機関と連絡できる体制が整っているか
・ 災害対応の資機材や人員を確保できる体制があるか
・ 災害時に有効に機能するための訓練を実施しているか
審査申請 審査申請
・四半期毎(7、10、1、4月)に認定証の交付
・認定証の交付2ヶ月前の月末(平日)までに書類提出
・継続申請についても同様
書類審査 書類審査
・記述内容の適否確認(書類評価)
・不適合箇所の内容及び理由を明示した申送り書の送付
・訂正箇所を明示した書類を添付し再度申込
面接審査 面接審査
・関東地方整備局に訪問し、30~60分の面接審査を実施
・評価要領に基づき適否を評価
・面接による記述内容の実効性確認(面接評価)
認定審査 認定審査
(四半期毎に実施)
 ・評価結果の審議
 ・認定証発行可否の審議
 ・不適合通知書発行可否の審議
BCP認定コンサルティング(建設業のための事業継続計画)に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはお問合せフォームをご利用ください。 電話:028-647-3301