コロナショック経営支援室を開設

(株)エルシーアールではコロナショックにより今後の経営について悩みを持つ経営者の皆様に何らかの支援をしたいと思い、急遽「コロナショック経営支援室」を立ち上げることにいたしました。

目的は二つです。「何とか企業経営を継続してほしい」、そして「働く社員の皆さんを守って欲しい」です。

 

《受付方法と相談の対応について》

 経営相談のお申込みはメールまたはホームページのお問い合わせフォームよりお受けします。

 

ご相談について

相談テーマとご相談対象

主に以下の内容のご相談をお受けします。なお、相談受付はコロナショック経営支援室開設期間である8月31日までとさせていただきます。また、ご相談者は企業経営者もしくは実質的に経営に携わっている経営陣の方々に限らせていただきます。

  1. これから事業を見直したい(本業から多角経営に、もしくは、別の事業にシフト)
  2. これから事業をどう存続させるか?(縮小、撤退、廃業、合併・譲渡等)
  3. 売り上げ確保、収支の改善をどう進めるか?
  4. 社内の組織・人事をどう見直せばよいか?(人材の配置換え、生産性の向上など)
  5. 我が社にあったテレワークをどう考え、進めて行けばよいのか?
  6. その他

(注意)当社の専門コンサルティング分野以外のご相談内容についてはお答えできない場合があります。目下、給付金等、行政サイドからの経営支援が次から次に打ち出されています。その点については、ある程度のアドバイスはできますが、この分野は税理士、社労士の先生、もしくは、銀行の担当者より日々、変化する申請条件を確認ください。

開設期間

2020年8月31日まで

相談方法

ご相談の受付はまず、ホームページのお問い合わせフォームもしくはメールにてお受けいたします。原則、ご相談を受け付けたあとに、当社で応じることができる相談内容であれば、その後、お電話(もしくはオンライン会議システム(Zoom))で、45分間から60分間を目安にアドバイスをさせて頂きます。相談内容が当社で対応できかねる内容の場合であっても、その旨のメール返信を致します。

※メール返信のタイミングにつきましては迅速を旨としますが、相談件数の量によって少しお待ちいただくこともあります。概ね、土日祝祭日、および当社の指定休日を除き、一週間前後で返信いたします。

助言(アドバイス)担当者

いただいたご相談に対し、当社の経営陣2人が対応いたします。渡辺孝雄(代表取締役)もしくは荒井浩通(専務取締役)がこれまでの経営指導の経験、及び、自社の経営経験を踏まえ、客観性あるアドバイスと主観的なアドバイス、両論を交えて真摯に対応させていただきます。

アドバイスについては相談者が最終的に判断いただき何らかの気づき、何らかの指針を得られることを期待いたします。

ご相談費用について

初回のみ無償で相談を承ります。その後、具体的な解決に向けて継続的に進めていくことが必要となり、相談者と話し合いのもと正式な有償コンサルティングの依頼になった場合は別途見積もりを提示させていただきます。

*誤解をしていただきたくないことがございます。当社の営業のために無償相談をしているわけではございません。その点はご安心ください。

 

守秘義務は守ります

コンサルティング会社として当然のルールです。守秘義務はしっかりと守ります。ご安心ください。