事業承継(M&A事例)栃木県 ビルメンテナンス業

 

 

 

 

 

 

苦境のどん底を救ってくれたM&A

~事業の継続と社員の雇用継続に、やっと光明が見えた~

50年事業を継続して残ってしまった大きな負債

当社は、創業から50余年の経歴があり、ビルメンテナンス業、警備業、給食の提供を行う佐野市の会社です。年商は約4億円で、従業員は約300名の組織です。

元々、社長である私は50数年前に、当時勤務していたビルメンテナンス業で培ったノウハウを活かし、24歳で今の会社を創業しました。

はじめは、清掃業を主に業務を営んでいたのですが、多く仕事をいただいていた製造業の経営者の方から、工場内の給食をやってくれないかとの声がかかり、栄養専門学校で身につけた調理の技術を生かして、事業分野を広げたのでした。

しかしこの50年の間には、オイルショック、バブルの崩壊、リーマンショック、東日本大震災等、様々な苦難がありました。その度に、顧客からはコストダウンを迫られ、性格が優しいつい私は一発回答で、対応してしまってきたのです。

しかし社員の賃金相場は、年々上がる傾向にあり、当初は良かった経営状態も、徐々に悪くなってきて、金融機関からも多額の借金を融通してもらわなければならない状態になってしまっていたのでした。

それどころか、我が家の預金からも、会社に対してお金を融通するようになり、50余年経ってみると、1億円を超える銀行融資となっていました。

加えて後継者に関する悩みもありました。私には3人子供がいて、長男は東京で国家公務員、長女はサラリーマン技術者に嫁いで岐阜県に定住し、次男は海外で医療研究者として従事してしまっている状態だったのです

それもかわいい社員たちは残してあげたい

こんな四面楚歌な状態にあっても、「何とか会社を継続して全社員の雇用は守ってあげたい」との思いは、私自身強く、決断した結果、以前よりM&Aの実績の多さと、親切な対応力・指導力があるとお聞きしていた宇都宮市のエルシーアールさんに相談をしてみることにしたのです。

はじめは、会社の状況ヒアリングや決算情報の提供を行い、当社の強みや弱み、そして課題や、金融機関からの融資状況などを洗いざらいお話ししました。

融資は、信用保証協会つきの内容であることや、毎年支払っている金利の状況などについても詳しく話を聞いてもらいました。

正直私は、年商の半分以上である融資額の多さに、第三者への会社の引継ぎを諦めていたのですが、エルシーアールの担当者は、経営改善のポイントを的確に示してくださり、これならM&Aを進めても会社が蘇る可能性があるという青写真を描くことが出来たのでした。

そしてM&Aをお願いするための着手契約をエルシーアールさんと交わし、令和元年の9月から相手探しが始まったのでした。

コロナ禍のドツボに入る直前、ご縁の相手先が現れる

はじめは近隣の市町村を中心に社名と属性情報が分からないように「ノンネーム情報」として、少しずつ相手先探しを進めていきました。しかし目ぼしい相手先が見つかりませんでした。その多くの理由は、金融機関からの借金の多さです。

営業利益が毎年十分に出ているのであれば、M&A後、借金を数年で返せる見込みが立つのですが、弊社はその営業利益も出ておらず、業務内容と売上高では、譲受候補企業からの目を引くものの、その後ことごとく借金の額を見て敬遠されるというケースが多発していきました。

そんな中、関東一円をエルシーアールの担当者に譲受候補企業をあたってもらっている中で、埼玉県のある企業が関心を示してくれました。

その時期は、コロナウィルスが関東で爆発的に広がり、緊急事態宣言が発令される直前だったのです。通常、弊社のようにビルメン業・警備業・給食提供業務を同時に多角的に実施している企業は少ないため、当ってもらっていた多くの企業は、私たちが行っている業務のうちの一つ二つといった限定的なものでした。

そんな中、関心を示してくれた埼玉のその会社は、弊社と同じように多角的に業務を実施している組織だったのです。しかも、その会社とエルシーアールさんとの出会いから二日後、私は長年患っていた脳疾患が再発し、地域の大病院に救急搬送されてしまう事態が発生したのです。

もしこの二日間が入れ違いだったらと思うと、今もぞっとするような状況だったのです。

類似内容が多く、経営戦略が当社にはまった

私の意識不明の状態は、その後一カ月近く続き、その間、妻が私の代理人となってエルシーアールさんを通して、譲受候補先と折衝を続けていってくれました。この時の状況を後に知るに至って、本当に妻には感謝しかありません。

ところで折衝の中で、相手企業の戦略を聞いてみたところ、群馬県への進出を強化させたい旨があり、弊社も5年前から群馬県も営業強化している最中であり、全く経営戦略の面でもどんぴしゃりとはまった感じだったようです。

M&Aというととにかく、企業の売り買いという事務的な味気ない作業と思われがちですが、実際は譲渡側・譲受側の双方がそう助効果を発揮させ、籍をいれるというようなお見合い結婚のようなものだと強く感じました。まさにご縁を深める相手先探しのための意識と行動の強化による賜物なのだと思います。

今後、経営不振に陥っていた弊社が新たなオーナー、新たな社長の元で大きく羽ばたいていってくれることを望むばかりです。

そして何よりも社員たちが、今まで以上に生き生きと活力いっぱいに仕事に従事してくれ、会社も利益が出ていいて欲しいと、陰ながら応援したていきたいと考えています。