【コラム事例】建設業 ISO9001&ISO14001請負型取得

 

 

 

 

 


ISOを認証するまでに手間がかかると思われている方は多くいらっしゃると思います。仕事が忙しくて、なかなかISO構築するまでになかなか動き出せないなどの悩みがあると思います。本日は、取りたくても準備が進まない方や、簡単にISOが取れたらいいなと思っている方に弊社の請負型のISO取得をご紹介させていただこうと思います。

ISOを取得したいと思うけれど・・・

建設業のお客様へ訪問するとこのようなご意見をよくいただきます。「現場が忙しくてISOを準備する時間がない」や「取得を目指したいが、もう少し時間が空いたときにやろうか」など、日々の業務に追われて、ISOに手を出したくても出せない状況のお客様が多くいらっしゃいます。建設業の場合、ISOを取得すると加点になるメリットがあります。そのメリット(加点)があまり手間をかけずに構築できればいいですよね。エルシーアールでは、請負型のISO取得コンサルティングがあります。

どのようにISOを構築していくのか?

どのように構築していくかというと、弊社では、取得までに通常10回から16回ほど訪問し、教育を含めて構築をしていきます。請負型では、5回から6回の訪問で構築を行います。訪問時には、しっかりと業務内容のヒアリングを行います。その会社様ではどのような事業を行っているのかを聞いていきます。

その後は、現在、使用している書類関係を出していただき、ISOの資料として使えるように修正やフォーマットを作成していきます。作成に関しては、全てエルシーアールのコンサルタントが行います。できるだけ、ご依頼いただいたお客様に負担の無いように作業を行っていきます。2回目以降からは、作業がどこまで進んでいるのかを確認していただきます。例えば、マニュアル作成がどこまで進んでいるのか、自社の内容がどのように盛り込まれているのかを確認をしていただきます。修正が必要であれば、次回までに行っていきます。

終盤の方では、完成した資料関係を全て提供させていただきます。それだけではなく、しっかりと審査対応できるように勉強会等を開催します。今後、運用していく企業様が自力で審査ができるようになるため、自社のISOの運用方法を指導していきます。それ以前は、メインとなる方に落とし込みをしていくので、なるべくの参加が必要になってきますが、ここだけは、しっかりと参加していただくほうがよいと思われます。

その後、審査になります。審査自体は、その企業様ごとに行っていただきます。直前では、コンサルタントがリハーサルのようなこともします。事例を出して「このような質問がきたときには、このように答えてください」などの指導を行っていくので、安心して審査に挑んでいただけると思います。

審査終了後には、指摘事項などがあれば、そちらも対応することになっています。なので、請負型でも認証できるまでは、しっかりとフォローさせていただきます。もし、請負型で認証をしてみたいなど、話を聞いてみたいという方がいらっしゃれば、お気軽に弊社までお問合せください。お待ちしております。

               株式会社エルシーアール 事業推進部 係長 倉住 準

ISOマネジメントシステムのページはこちら