主任・係長研修 実施事例 建設業 栃木県宇都宮市

・研修名:階層別研修「主任・係長研修」

・対象:主任係長

・時間:1回7時間、計3回(計21時間)

 

 

主任・係長にマネジメントスキルをつけさせたい

今回、主任・係長研修を実施させていただいたのは、栃木県宇都宮市にある建設業様です。この企業様では、建設現場で現場代理人として活躍されている主任・係長の方々に建設施工に関する技術指導・育成は行っているものの、主任・係長などの初級管理職としてのマネジメントスキルを与える機会がなく、実施しようとしても社内教育を行うのは難しい状況とのことでした。特にリーダークラスのマネジメントスキルを上げることは、今後、組織力を上げていくためには必須とのことでした。

インターネットでエルシーアールを検索

そこで栃木県内に社員研修を行っている企業がないかをインターネットなどで検索したところ、エルシーアールという会社が社員研修を行っていることがわかり、電話をかけたことがきっかけとのことでした。

ご要望に対応し1日7時間の集中型研修を実施

特に担当役員様のご要望もあり、1日7時間、3日連続の「集中型」で研修を行わせていただきました。業務調整が難しかったようですが、担当役員様のリーダーシップで実施の運びとなりました。

「気づき」を与える

カリキュラムは、リーダーとしての役割認識やコミュニケーションの基礎、問題が発生した場合の解決力向上に関する力量をつけていただく内容で行いました。講師は50歳代のベテラン講師で、受講者に「気付き」を与えることを重視しました。よくある「教え込み」ではありません。またロールプレイングやグループディスカッションの時間を多くとりましたので受講者は飽きることなく受講していただけたようです。

受講者に意識変化が芽生える

リーダー(主任・係長)が施工品質やスケジュールに対する意識が変わったようです、また部下育成に関する意識も変わり、部下への丁寧な指導・育成が成長に必要なことだと感じてもらったようです。

研修後の担当役員様の声

社内のコミュニケーション力が上がったとの声をいただいています。リーダークラスには来年も引き続き別のテーマで研修を受けさせたいとの希望をいただきました。またリーダーだけでなく、管理職クラスにも研修をお願いしたいとの声をいただきました。

管理職研修のページはこちら