ISO9001 14001の統合とスリム化 実施事例 建設業 栃木県 

 

 

 

 

 

 

コンサルティング内容:ISO9001・14001統合とスリム化
所要時間:4h×6回

今回は、栃木県内の建設業のお客様の事例をご紹介いたします。土木工事をメインの事業としている企業様で、県内でもトップクラスの実績をお持ちです。今回、常務様よりご連絡をいただき、ISOのコンサルティングを実施させていただきました。

今回、コンサルティングを行ったきっかけ

こちらの企業様は、弊社とお付き合いさせていただく前に、ISO9001を既に取得しておられました。今回はISO14001の取得に向けてのお手伝いをさせていただくことになったことからお付き合いがスタートいたしました。ISO9001とISO14001のシステムと文章関連も別々に取り扱うとコストがかかるだけです。そこで、これら2つのシステムを統合にしたいということが依頼の趣旨でした。

詳しくお話を伺うと、運用方法も書類作成も別々、審査時期もバラバラなので、社員への負担も多くかかっていました。もっと運用をしやすくして、審査時期も統一して本業にもっと時間を注ぎたいとのことでした。


弊社からの提案内容

ISO14001は弊社のモデル文章をベースに作り上げていることをふまえ、それを元にISO9001を盛り込んでいく作業をすることで、現在のISO9001のシステムにおけるムダをスリム化しつつ、統合していくことをご提案させていただきました。先方様も納得いただき、すぐにコンサルティングを始めることになりました。

コンサルティングの進め方

全体のスケジュール確認などを確認させて頂き、現状のISOの運用についてのヒアリングからコンサルティングがスタートしました。コンサルティングの進め方は、適宜コンサルタントから提案させていただき、お客様へ負担にならないように作業を進めることが弊社の特徴です。お客様のご要望次第では、教育の色を深め研修スタイルで進めることもありますし、構築の際には弊社が請負い、仕上がったシステムを運用する際に徐々に浸透することを目指すケースもありますが、今回のお客様は後者でした。

訪問回数が増えるにつれて、先方様とコンサルタントとのコミュニケーションもとれてお互いに意見を言い合いながらシステムの構築が完了しました。最後に統合での内部監査の変更点やマネジメントレビューを実演指導しながら行うことができ、その後も、スムーズに審査に入ることができたとのことでした。

お客様からの声

お客様より「統合となると文章量が多くなると思っていましたが、スリムにしていただき助かりました。運用もこれで楽になります」とコメントを頂戴することができました。

弊社では、今後も、運用面や審査での困りごと、改定などがあれば随時、フォローさせていただこうと思っております。